BLOG TO THE ADVENTURE

夏の西表島はサガリバナツアーがおすすめ!

西表島の川でサガリバナが水面を漂う様子

いよいよ西表島の夏を代表する幻の花「サガリバナ」のベストシーズンが始まります。
先日、PUMEHANA adventuresのサガリバナツアーで使用するフィールドをチェックしてきました。
まだ3~4分咲きでしたが、久しぶりのサガリバナにガイド・ウメザワも感動です。
つぼみがたくさん付いていたので、6月末から7月中旬にかけて満開を迎えることが予想されます。

今回は、西表島のサガリバナとサガリバナツアーついて詳しくご紹介します。

サガリバナとは?

西表島のサガリバナの木

サガリバナは「下がり花」。木の枝から「総状花序」という長さ30センチメートルから60センチメートルほどの細長い枝が垂れ下がり、10~20個程度の花がボンボンって咲きます。花弁は4枚で、その上部に細い糸状の繊細な雄しべが無数に並びます。

西表島のサガリバナは、夜中に咲く

夜に咲く西表島のサガリバナ

サガリバナは、夜中に咲いて明け方には散ってしまう一晩限りの儚い花。日没後の20時ころからつぼみが開き始め、夜中に満開となります。そして、日が昇る5時過ぎから落花し始め、9時頃にはほとんどの花が落ちきってしまいます。

ただし、サガリバナは桜のように一斉に開花するわけではなく、2~3ヶ月をかけて順次開花していくタイプ。また、フィールドや個体によっても開花時期が異なるので、夏の間は長期間に渡って開花を楽しめます。

西表島のサガリバナは、グラディエーションが美しい

サガリバナのグラディエーションは白と桃色

西表島のサガリバナは、白色と桃色の2種類が基本。濃い桃色~薄い桃色、完全な白色まで、木によって個性が異なるグラディエーションが楽しめます。ぜひお気に入りのカラーの木をツアー中に探してみてくださいね。

また、サガリバナは開花時にまるでバニラのような甘い香りを発します。満開時は、遠くからでも風にのって甘い香りが運ばれてくるのがわかるほど。見るだけでなく、甘い香りや水面に落花する音など、五感の全てでサガリバナを堪能してみてください。

サガリバナは、意外と木が大きい

サガリバナは、サガリバナ目サガリバナ科の常緑高木。高さが3~10mほどになる高い木です。亜熱帯性気候の西表島では、長さ10~40cmほどの楕円形の葉が1年中茂っています。

西表島のサガリバナはどこで咲く?

早朝に散る西表島のサガリバナ

西表島でサガリバナが咲く場所は、おおまかにいって2パターンあります。

  1. バックマングローブ(自生)
  2. 民家の庭(植栽)

当然ながら、PUMEHANA adventuresのサガリバナツアーは自生地の「バックマングローブ」で行われます。

バックマングローブは完全な自然界なので、地形や危険動植物を理解していない個人が行くのは大変危険です。また、もし民家の庭先を見学させてもらう場合は、当然のことですが騒音や光害などに十分気をつけましょう。

バックマングローブって?

バックマングローブに自生する西表島のサガリバナ

バックマングローブは、マングローブと山の中間に位置する湿地帯です。海水と真水が混じり合う汽水域に自生するマングローブと違い、サガリバナは真水の湿地帯に自生しています。すなわち、サガリバナはマングローブが生い茂る川の上流に自生地があるのです。

西表島のサガリバナはいつ咲く?

開き始めるサガリバナ

夕暮れと共に花を開き始めるサガリバナ

西表島の野生のサガリバナは、例年梅雨明けの6月下旬頃から咲き始め、7月に満開を迎えます。開花時期が2~3ヶ月と長めなので、数は多くはありませんが9月頃まで楽しめます。なお、開花時期は温度や降雨、月の満ち欠けなどの影響を受けるため、年によって異なります。

西表島のサガリバナを楽しむ2つのツアー

PUMEHANA adventuresでは、西表島のサガリバナをじっくりと楽しめるプライベートツアーを2つ用意しました。
どちらも1日1組限定のプライベートツアーなので、写真撮影の時間やフィールドなどカスタマイズ可能です。

ぜひみなさまの好みやスタイルにぴったりのサガリバナツアーに参加してみてください。

1.西表島アーリーモーニング・サガリバナツアー

西表島で早朝サガリバナカヤックツアー

西表島の夜が開け始める5時頃にカヤックを漕ぎ始める早朝ツアーです。日が昇り始め、サガリバナが落花する時間帯にサガリバナ群落地に到着。水面に浮かぶ幻想的なサガリバナの姿を楽しめます。木に咲いている状態のサガリバナと、水面に散ったサガリバナの両方を堪能できることがポイント。

モーニング・サガリバナツアーでは、ブレックファーストを用意します。また、1dayツアーのマングローブカヤックパートをモーニング・サガリバナに変更することもできるので、ぜひお気軽にご相談ください。

早朝のカヤックは涼しく、鳥たちも目を覚まして鳴き始めるマジックアワー。西表島でしか味わえない幻想的な空間を体験したい方は、アーリーモーニング・サガリバナツアーがおすすめです。

時間 : 4:00~9:00頃(約5時間)
送迎 : 西表島内全域(東部地区・西部地区)のホテル
料金 : 7,500円~/1名(人数によって料金が変動します)

アーリーモーニング・サガリバナツアーの詳細とご予約はこちら

2.西表島ミッドナイト・サガリバナツアー

西表島ミッドナイトサガリバナツアー

サガリバナが咲き始める時間帯の21時~22時頃に、徒歩でバックマングローブのサガリバナ群落を訪れるミッドナイト・ツアーです。サガリバナ群落地に近づくと、甘い香りが漂ってくるのを感じます。陸地から安定した姿勢でカメラ撮影ができるので、じっくりサガリバナを撮影したい方におすすめです。また、歩く時間も片道10分程度なので、体力に自信がない方でも安心して参加できます。

時間 : 21:00~22:30頃(約1.5時間)
送迎 : 西表島・西部地区(船浦地区~白浜地区)のホテル
料金 : 3,000円~/1名(人数によって料金が変動します)

ミッドナイト・サガリバナツアーの詳細とご予約はこちら

夏の西表島でサガリバナを感じよう!

西表島の早朝サガリバナツアーでカヌーを漕ぐ

西表島のサガリバナは、期間限定の幻の花。ぜひじっくりと堪能できるPumehana advenruresの「アーリーモーニング・サガリバナ」や「ミッドナイト・サガリバナ」ツアーに参加して、思いっきりサガリバナを感じてみてください。

関連記事一覧

PAGE TOP